記事詳細

相撲協会、本格稽古解禁通達を出せず 7月場所開催へ課題は山積み

 日本相撲協会は力士、親方ら協会員に5月18日から実施している新型コロナウイルスの感染歴などを調べる抗体検査の途中結果で、5日時点では抗体検出の報告がないことを明らかにした。

 高田川親方(元関脇安芸乃島)や力士6人が新型コロナウイルスに感染し、三段目の勝武士さんが死亡。7月場所(7月19日初日・両国国技館)再開への対策に向け、各部屋の希望者を対象に検査を開始。約1カ月の予定で、まだ続いている。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「巨人の選手みたいに(ウイルスに)かかっていましたといったようなことはない」と報告。

 「これは研究材料として取っている。どんなルートで、どういった生活をしているかとか、専門的な先生方が研究材料として使おうとしている」と趣旨を説明した。

 芝田山部長によると、無観客で予定している7月場所の開催可否は理事会で最終判断する。

 しかし「出稽古をいつから解禁するという話の前に、接触を伴う稽古をするしないの問題がある。今はまだ接触を伴う稽古をしていいという通達は、協会からは出していない。各部屋の師匠が体調管理をしっかりした上での判断に任せている」(芝田山部長)と、まだまだクリアする問題は山積。力士はしこなどの基礎運動を中心に調整を続けている。

関連ニュース