記事詳細

【最先端アマチュアスイング】スローなスイングで飛距離アップ 切り返しでは手元を先に動かす意識が大事 (1/2ページ)

 多くのアマチュアゴルファーは、“振り遅れ”にならないように、クラブヘッドを体の正面に置いておかなければならないと考えがちですが、これは間違い。正面に置いておかなければいけないのは、ヘッドではなく“手元”なのです。

 つまり、手元に対して遅れてくるのが正しい動き。もっと言えば、ヘッドが遅れてくればくるほどロフトが立った状態になりやすくなるので、ロフトに準じた角度でボールをとらえることができます。

 このことからも分かるように、本当の意味での振り遅れというのは、体の回転に対して手の動きが遅れることになります。だから写真〔1〕のようなスイングは振り遅れではなく、正しいスイングということになります。

 そして、振り遅れを防ぐためには、皆さんが正しいと思っていた、「左足を踏み込むことでダウンスイングをスタートさえる」ことや、「体の回転でクラブを振り下ろす」という動きはやってはいけないということです。

 では、どういうイメージでスイングをすればいいのか?

 本当の意味での振り遅れにならないためには、手元を先に動かすことがポイントになります。

 「スイングはできるだけ手を使わないように」というレッスンを受けてきた人にとっては首をかしげたくなるようなアドバイスかもしれませんが、実際に手元を体の正面に置いておくためには、体よりも先に手を動かさなければ手元が遅れてしまうからです。

関連ニュース