記事詳細

阪神、危険な“助っ人依存” 大山ら“割りを食う”若手が続出で…OB「ひずみは必ず来る」 (1/3ページ)

 6月19日に公式戦開幕がずれ込んだプロ野球は、ベンチ入り人数などに特別ルールを設ける構えだ。その中で12球団において最も影響がありそうなのが外国人選手枠。従来の4人から5人に増やすことが検討されている。この“恩恵”を一番受けることになりそうなのは、球団史上初の外国人選手8人を抱える阪神とみられるが、一方で“割りを食う”選手が出てくる。チームの将来を考えると、外国人依存は危険な賭けとなる。(山戸英州)

 日本野球機構(NPB)は「感染拡大防止特例2020」と称した新ルールを導入することを決めた。今回の拡大策は11月上旬までに120試合を消化する超過密日程による選手の負担軽減が目的。出場選手登録枠は29人から31人、ベンチ入り人数も25人から26人に増やされる。10日には日本プロ野球選手会との事務折衝で協議され、成立を目指す。

 選手側からすれば1軍でプレーできるチャンスが増えると思えるが、同時に協議されているのが助っ人枠も増やすというもの。出場枠は従来通り(最大4人)のため影響は限定的というが、チーム編成上、助っ人起用を優先する可能性が高まるのだ。その最有力が今季異例の外国人選手8人体制で臨む阪神だ。

 投手5人(スアレス、ガンケル、エドワーズ、ガルシア、呂彦青)、野手3人(マルテ、ボーア、サンズ)を抱え、支配下登録では12球団最多。依存度は高い。

関連ニュース