記事詳細

【最先端アマチュアスイング】スローなスイングで飛距離アップ 手を1コマ分早く動かして振り遅れ防ぐ (1/2ページ)

 本当の意味での振り遅れというのは、ビジネスゾーンで手元(グリップ)が体の正面にきていない状態のこと。言い換えれば、グリップが体の正面にあれば、ヘッドがいくら遅れてきても振り遅れにはならないのです。

 そして、手元を常に体の正面に置いておくためには、ハーフスイングの最初の段階で手元を先に動かすことがポイントになります。

 その動かし方は、「上腕の力だけでクラブを動かすドリル」がベースになるので、まずはこの動きを練習しましょう。

 パッティングのときと同じように構え、肩を動かしてストロークするのではなく、構えたところから右ヒジを曲げて伸ばすことでボールを転がすドリルです。

 次に、前傾を解いて体を真っすぐ伸ばし、クラブを地面から90度上げた状態で、テークバックで右ヒジを曲げ(写真〔1〕)、右ヒジを伸ばす(同〔2〕)という動作をやってみてください。

 繰り返しになりますが、これが“先に手を動かす”という動作になります。この動きをすることで、体の動きよりも1コマ分手を早く動かすことができ、振り遅れを防ぐことができるのです。

 このドリルで、右ヒジを曲げる→伸ばすの動きに慣れてきたら、次に体の動きをつけてやってみましょう。テークバックで体を右に向けると同時に右ヒジを曲げ、ダウンスイングの入り口で右ヒジを伸ばし、そこから左に体を回していく。そして、最後に通常のアドレス時と同じように前傾して「曲げる→伸ばす」をやってみてください。体の向きが斜めになることで、フェース面は地面方向を向きますが、やることは同じ。右ヒジを曲げて伸ばすだけです。

関連ニュース