記事詳細

清原和博氏がテレビ生出演 執行猶予満了には触れず

 西武などでプレーした清原和博氏(52)が22日、CSフジテレビONE「プロ野球ニュース2020」に生出演。覚醒剤取締法違反で懲役2年6カ月の有罪判決を受け、4年の執行猶予が15日に明けてから初のテレビ出演となった。

 清原氏は開幕3連戦について、「いい人と悪い人がハッキリ出る。1本出るとズズっと出るし、3タコ、4タコを食らうと、(阪神の新助っ人)ボーア選手(12打数無安打)のような形になってしまう」などと解説。片岡篤史氏と野村弘樹氏が共演して立浪和義氏も電話出演するなど、PL学園高で2年後輩の3人が盛り立てた。22分間の出演中は終始明るい表情だった清原氏だが、最後まで執行猶予の満了には触れなかった。

 自身の今後については、「新たなスタートとして再出発しました。コロナで大変なときに微力ではありますが、野球界に少しでも貢献できるように頑張っていきたい。夏の甲子園が中止になって、自分も無念さを感じているので、それは伝えたいと思います」と力をこめた。

関連ニュース