記事詳細

無観客なのに球場クラスター危機! 7月10日プロ野球“観戦解禁”に水を差す一部ファン 周辺たむろし酒あおり歓声 (1/3ページ)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3カ月遅れでようやく開幕にこぎ着けたプロ野球。日本野球機構(NPB)は22日の12球団臨時代表者会議で、政府の指針に従い7月10日から一部観客を入れて試合を開催する方針を確認した。観戦解禁に向けて念入りな感染症対策を講じ、球場内でのクラスター発生を防ぐ構えだが、開幕3連戦でそんな努力に水を差す不穏な兆候が見られた。臨場感を求める一部のファンが球場周辺で密をつくり、無観客試合でもクラスターが発生するリスクが高まっている。

 巨人-阪神の開幕戦が行われた19日、東京ドームの周辺ではガラス張りのゲートから中をのぞき込むファンの姿が見られた。マスクはしているものの、互いにソーシャルディスタンスを確保しているとは言い難い状況。ラジオやスマホで中継を楽しみつつ、球場内の様子を少しでも見ようと人垣ができ、中にはマスクを外して缶ビールをあおりつつ、球場外観戦を楽しむ人まで現れた。

 DeNAが広島を迎え開幕3連戦を行った横浜スタジアムは、スタンドへの通路から球場内の一部が見える構造だが、黒い幕を張り視界を遮断。密の発生を未然に防ぐ対策を取っていた。

 22日の第10回「新型コロナウイルス対策連絡会議」で、専門家チームの座長を務める賀来満夫東北医科薬科大特任教授は、試合中に球場周辺をたむろするファンを「多くの方が集まり、3密になっての会話が起こりうる可能性がある。そこにはリスクがあるということを伝えていかないといけない」と憂慮。通常開催を目指す各球団が感染リスクを抑えるため、赤字覚悟の無観客試合を行っているのに、球場のすぐ近くで3密をつくられては元も子もない。

関連ニュース