記事詳細

巨人・原監督“鯉アレルギー”治療あきらめた! 怖いもの知らずの若手に託して初戦白星 (2/2ページ)

 球団関係者は「特にスタンドが真っ赤な(ビジターの)マツダでやると、何点リードしていても、1点返されただけで何か起きそう、一気に逆転されそうみたいな空気が出てくる」と明かす。辛酸をなめた試合と似たような状況が来ると、脳裏に悪夢がフラッシュバックしてしまうのだ。

 赤ヘル軍団に嫌というほど深く刻み込まれた、トラウマの解消は簡単ではない。ならば見込みの薄い“難病”の治療はあきらめ、ハナから苦手意識がない怖いもの知らずたちに託すのも一手だ。その仕事を計算の立たない新外国人などではなく、2軍で鍛えて成長が認められた戸郷や北村に期待するあたり、歴戦の名将の面目躍如だろう。

 苦手の相手にまずは1勝。原監督は「これからもこういう難しい試合になる」と気を引き締めたが、12球団唯一の開幕4連勝を飾ったチームに、どこがストップをかけられるのか。(笹森倫)

関連ニュース