記事詳細

ジョコビッチが新型コロナ感染 主催大会の感染防止策不十分で非難轟々

 男子テニスで世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(33)=セルビア=が23日、新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したとの声明を自身の公式サイトで発表した。症状はないが、14日間自主隔離する。

 ジョコビッチはコロナ禍でツアーが中断となる中、非公式の慈善大会「アドリア・ツアー」を母国とクロアチアで主催。しかし、出場選手の感染が相次いで判明した。ジョコビッチの妻も感染した。

 大会はソーシャルディスタンスなどの措置をとらず、選手同士で記念撮影や握手、ハグするなどしていたことから、感染防止策が不十分だったとの批判を浴びている。大会前にはジョコビッチがナイトクラブではしゃぐ姿も撮影された。大会は21日で打ち切られた。

 ジョコビッチは公式サイトで「ウイルスが弱体化し、大会をする条件は満たされたと信じていたが、ウイルスはまだ存在していた。非常に申し訳なく思っている」と謝罪。ATP選手会会長を務めているが、英デーリー・メール紙は「ふさわしくない」と報じている。

関連ニュース