記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】全クラブ同じタイミングで振ることが大事

 タイミング(=リズム+テンポ)の良いスイングは、ヘッドの動きのリズムが4拍子で、そのときのテンポが自分なりの速さになっていることが大切だということを前回お話ししました。加えて、このリズムとテンポは全てのクラブで、また全てのショットで同じにならなければなりません。

 つまり、ドライバーからSWまで、フルショットでもコントロールショットでも、アプローチでも同じタイミングでスイングする必要があるということです。

 「ドライバーの方が、ヘッドスピードは速いし、スイングも大きいのに?」と疑問を持つ方もいると思いますが、ツアー選手のスイングの始動からインパクトまでをビデオで見てみると、どのクラブでもピタリと同調して重なっています。そのためにツアー選手はフルセットのフィッティングをとても重要視しています。

 つまり、シャフトの調子やスペック、ヘッドの重さや重心バランスなどを、全てのクラブ、全てのショットにおいて同じタイミングでスイングできるように調整しているというわけなのです。

 一般ゴルファーが最優先にチェックしてほしい部分は、長いクラブほど軽く、短いクラブほど重くなっているかどうかということ。

 もし、ドライバーからウェッジまで同一ブランドを使っていたとしても油断は禁物です。ブランドが混在するセットと同様にフルセットのスペックチェックは必須事項ということになります。

 ですから、ただ飛ばす目的でドライバーだけをフィッティングしても意味がありません。フルセットをオールマイティーにやさしく使いこなすために、皆さんも一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

関連ニュース