記事詳細

【勝者のワザ】稲見萌寧 スイング軸をキープしながらアイアンショットを正確に放つコツ ダウンスイングで「右ひざの向き」を固定 (2/2ページ)

 バックスイングとダウンスイングへの切り返しでも稲見には独自の意識、感覚がある。主役になるのは「腹筋と腹斜筋です」と明かす。「バックスイングでは腹筋に力を入れ、右腹斜筋を伸ばしていきます。このとき、左ヒザと右腹斜筋が引っ張り合うような感覚があれば、捻転が強くなるだけでなく、スイング軸がぶれることもありません」

 そして、ダウンスイングへの切り返しは「ほんの一瞬の動きなんですけど、伸びていた右腹斜筋を収縮させながらボールの方向に押し込みます」

 この方法だと、下半身が暴れることはない。「右ヒザの向きを変えないように」と、稲見は自分のスイングの最大ポイントも明かしている。そして、「この切り返しができれば、あとは収縮していた左腹斜筋を伸ばすだけ。それで、ほとんど自動的にフォロースルーまでいってしまう。軸がゆがんだり、動いてしまうこともありません」ともいう。ちょっと画期的なアドバイスではないか。

 ■稲見萌寧(いなみ・もね) 1999年7月29日、東京・池袋生まれ。9歳からゴルフを始め、ゴルフのために中学入学と同時に家族とともに千葉県四街道市へ引っ越し。2015年「中京テレビ・ブリヂストンレディス」で10位に入ってベストアマ賞。18年プロテスト合格。19年「センチュリー21レディス」でツアー初優勝。166センチ。

関連ニュース