記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】広島・佐々岡との“新監督対決”はヤクルト・高津に軍配! 「名投手」の共通点もチームの重圧には差

 ヤクルト・高津臣吾監督(51)が1日、広島・佐々岡真司監督(52)との新監督初対決を逆転で制した。

 ともに生え抜きでチーム再建も共通のノルマとはいえ、球団側からの要求には差があるだろう。ヤクルトは最下位からいきなり優勝を求めるわけにもいかない。まずは最下位脱出、Aクラス入りが目標となる。

 一方の広島は指揮官に対し、松田オーナーが「当然優勝」とノルマを明言。佐々岡監督は2軍投手コーチとして、緒方前監督のリーグ3連覇を支えたが、1軍投手コーチを務めた昨季はリーグ4連覇に失敗した。

 それだけに、前監督の辞任に対する責任を感じているのだろう。佐々岡監督自身も就任時から、「目標はもちろんV奪回」と公言。懸案事項は「新外国人投手3人をリリーフに考えていたが、オープン戦終了までに結論が出なかった」と不安視する勝利の方程式だ。

 佐々岡監督は現役時代に先発と抑えをこなし、江夏豊以来となる先発100勝、100セーブを記録した平成の鉄腕だ。一方の高津監督は、メジャーリーグも経験して日米通算300セーブを記録。さらに韓国、台湾、BCリーグ新潟など多彩な野球を経験をしている。互いに自負する実積を残す両監督だけに負けられないだろう。

 同世代で投手出身、推定年俸も同じ7000万円。初対決は高津ヤクルトに軍配が上がったが、シーズンの最後に笑うのはどちらか。 (江尻良文)

関連ニュース