記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】臼井麗華 体重移動をしなければ右へのスエーが起こらない (1/2ページ)

 自分で言うのも何ですが、スイングに関しては、かなり独特です。

 一番特徴的なのは、テークバックの際、右サイドに体重移動をしないこと。アマチュアゴルファーの人からすると、“ギッタンバッコン”スイングのように見え、「そんなスイングで大丈夫なの?」と心配してくれる人もいるようですが、意識的にこのスイングをやっています。

 あえて体重移動をしないのは、右にスエーをしたくないからです。皆さんもご存じのように、右に体重が流れると力が逃げてしまいます。また、テークバックで軸がブレると体を元に戻すのが大変になるので、かえって飛距離をロスしてしまいます。

 その点、私のような体重移動をしないスイングだと、スエーの心配がなくなるだけなく、体重を残したまま右に捻るので、雑巾を絞ったときのように体が回り、それを元に戻すだけで大きなパワーも生まれます。

 人には、「そのスイングだと飛ばないのでは?」と言われることがありますが、むしろしっかり体を捻ることができるこのスイングのほうが飛距離が出ると私は思っています。

 また、今流行の地面反力を使えるのもこのスイングの利点です。私的には理にかなったスイングだと思っています。

 最近は、世界のトッププロの中にもこのような打ち方をする人が出てきたようで、アマチュアゴルファーの中にもマネをする人がちらほら。そこで私からひとつアドバイスを。

関連ニュース