記事詳細

【勝者のワザ】ロケットモーゲージ・クラシック優勝のブライソン・デシャンボー “ゴルフの科学者”が考える最大効率のスイング (1/2ページ)

 アイアンクラブの長さを37・5インチに統一するなど、デシャンボーは全米アマや全米学生選手権を制したアマチュア時代から常に最大効率のシンプルゴルフを総合的に考えてきた。自称「ゴルフの科学者」である。ここ数年取り組んできたのは「モー・ノーマンの研究」だった。

 モー・ノーマン(1922~2004)はカナダのプロでサム・スニードやリー・トレビノはじめ多くの米ツアープロから「彼こそ世界ナンバーワンのボールストライカー。彼のショットが曲がるのを見たことがない」と認められていた。

 そのスイングは、ちょっと変則的だった。アドレスでは左腕とクラブが一直線で、左手首が親指側に折れることなく、むしろハンドアップにしているように見えた。グリップエンドと体の間隔も広かった。

 オーソドックスといわれたスイングでは、アドレスで左腕とシャフトには120度前後の角度がつく(飛球線後方から見て)。このため、現在でもいわれている「スイングプレーン」と「シャフトプレーン」というふたつのプレーンが存在する。スイング動作の中で、クラブをふたつのプレーンに行き来させるため、リストコックやアームローテーション、フェースローテーションといった細かく複雑な動きが求められてきた。

 ノーマンは、これらの動きを排除して「ワンプレーンスイング」を身につけていた。

関連ニュース