記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】スタンドがガラガラだった東映時代 痛烈なヤジを飛ばしていたファンがいない…選手に聞いてみたら仰天の返事が (1/2ページ)

 10日、無観客試合から5000人限定の有観客試合が始まったプロ野球界。8月1日のオリックス戦(札幌ドーム)、2万人を予定していた日本ハムが5000人に変更した。

 9日、東京都で1日の新型コロナウイルス新規感染者が過去最多になったことに迅速、敏感な対応を示したのだ。5000人から4倍の2万人が解禁できるとしたら、飛びつきたいところだ。

 が、ファンが新型コロナウイルスに感染するリスクを極力抑えることを最優先したからだろう。冷静な大人の対応といえる。

 プロ野球担当記者2年目の昭和47年から同一チームなのに、東映→日拓→日本ハムと毎年球団身売りという前代未聞の経験をした筆者。

 昭和から平成を経て、半世紀近くたった令和2年。激動のパ・リーグもセ・リーグに追いつけ、追い越せで観客動員にも自信を持つ時代になった。

 ソフトバンク・王球団会長がこう明言する。「2004年シーズン中のパ・リーグ存亡の危機、1リーグ10球団制を乗り切ってから逆に、札幌、仙台、千葉、埼玉、大阪、福岡と6球団がバランス良く全国に本拠地を置くようになり、パ・リーグの時代になったのでは」

関連ニュース