記事詳細

招かれざる客!?巨人「諸悪の根源」発言の兵庫で悪戦苦闘 初の有観客も4連敗で首位陥落 (1/2ページ)

 原辰徳監督(61)率いる巨人は、12日のヤクルト戦(ほっと神戸)で競り負け、4連敗で首位から陥落。だが、目の前の敵以上に手強かったのが、今季初の有観客試合を開催するために折衝した自治体だった。

 客入れが解禁された10日からの3連戦。巨人は主催試合ながら本拠地・東京ドームでなく、関西遠征から帰京せず神戸で開催することを選んだ。星総務本部長は「『比較的(新型コロナウイルス)感染の少ない関西で客入れを始めた方がいい』というセ・リーグ全体の総意」と説明。2013年4月23日のDeNA戦以来、7年ぶりの会場だけに、球団は6月15日の日程発表から約1カ月半、準備に奔走した。

 「兵庫県、神戸市、保健所や交通機関への説明と折衝が準備の大半」と興行を受け持つ読売新聞関係者。ところが7月に入ってから、「日を追うごとに東京の感染者数が増えていきまして…。自治体の対応もピリピリ感が増していった」。

 自治体側の理解を得るため、感染症対策を尽くした。球場の3万2400席を試合ごとに消毒。入場券はすべて指定席で前後を1列空け、左右は3席の間隔を空けて販売した。マスクを着用しない客の入場は拒否し、サーモメーターによる検温も実施。さらに、来場者から感染者が出た場合の連絡と注意喚起に利用するため、すべてのチケットの副券に氏名、電話番号、座席情報を記入してもらい回収した。また、来場手段を分散させるため、球場周辺の駐車場の無料券を配布。退場時の密を避けるため、最寄り駅の混雑状況をこまめにアナウンスし、分散退場を呼びかけた。

関連ニュース