記事詳細

力士悲鳴!制約だらけの7月場所 “3密”支度部屋にアクリル板、準備運動もマスク、湯船禁止 (1/2ページ)

 会場を例年の名古屋から、両国国技館に移して行われる大相撲7月場所。初日が19日に迫る中、日本相撲協会は13日になって有観客開催を決定した。コロナ禍で5月の夏場所が中止されたため、力士たちにとっては3月の春場所以来、4カ月ぶりの土俵となる。東京都内では新規感染者が再び増加傾向にあり、これまで以上に規制だらけの厳戒態勢で実施される本場所が、相撲に影響するのは必至。協会幹部からも「過酷」と同情の声が上がるほどだ。(塚沢健太郎)

 当初は無観客の開催を目指すとしてきた7月場所。初日のわずか6日前に一転、約2500人の観客を入れて実施することが発表された。定員は約1万1000人から4分の1に制限され、土俵たまり席はなし。4人が座れるマス席も定員は1人に。2階のいす席は左右に3席、前後も1席ずつ空ける。飲酒は禁止。売店も縮小され、名物の焼き鳥は予約制となる。

 通常は朝8時の前相撲から観戦できるが、午後1時開場に変更され、三段目以下は無観客。声援は厳禁で、警備の親方衆が見回り注意する。横綱が敗れた際の座布団投げも、「ありえないでしょう」と芝田山広報部長(元横綱大乃国)。

 無観客で開催された3月の春場所でも、力士には多くのガイドラインが設けられたが、今場所はさらに増えた。

 場所開催へ最大のネックとみられていたのが、力士からも「3密もいいところ」と不安の声が上がっていた支度部屋。特に両国では地下にあり、ほとんど換気できない。5メートル×28メートルの広さに幕内21人、十両14人。さらにその付き人と合わせて、ピーク時には約100人が密集。これではリスクが大きすぎる。そこで、国技館別棟2階の相撲教習所を十両の臨時支度部屋とし、密を回避。さらに部屋の中では、力士の間をアクリル板で仕切るが、巨漢ぞろいだけにかなり窮屈になりそうだ。

関連ニュース