記事詳細

日本人大リーガーで初感染 マリナーズ・平野、コロナ陽性

 マリナーズの平野佳寿投手(36)=写真=が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示していたことが14日、分かった。大リーグの日本人選手が感染したのは初めて。チームは同日、平野を負傷者リストに入れた。

 平野はアリゾナ州の自宅で練習していた6月25日に陽性が判明。一時は39度の高熱があったという。現在は症状はなく、今月6日の検査で陰性と診断されたが、シアトルでキャンプを張るチームと合流するのは2度目の検査で陰性となったあとだという。

 平野は「(発症後は)まず自分の体を治すことに専念した。僕が動くことで周りの人にうつしてしまう可能性を考えると何もできなかった」と話した。

 CBSスポーツは、「2週間練習していないので、キャンプに合流してもしばらく調整が必要。平野も候補だったが、マリナーズのクローザーはマット・マギルになる見込みだ」と報じた。