記事詳細

相撲観戦、もはや「命懸け」 席数2500人分でも売れ残り多数…開門時間変更で“密”な長蛇の列 大相撲7月場所 (1/3ページ)

 史上初の無観客開催となった春場所以来、4カ月ぶりの本場所となる大相撲7月場所(両国国技館)が19日、厳戒態勢の中で初日を迎えた。会場を例年の名古屋から東京へ変更し、半年ぶりに観客を入れたものの、都内で新型コロナウイルスが再流行しているせいか、客足は鈍かった。1日当たりの観客の上限を、収容人員の約4分の1となる2500人に絞ってもチケットは売れ残り。開催自体にも多くの疑問の声が上がっており、今後の相撲人気を考えても、大きな不安を露呈する再出発となった。 (塚沢健太郎)

 相撲ファン待望のプラチナチケットのはずが、わずか2500枚が売れ切らないという厳しい現実が突きつけられた。

 1月の初場所以来、半年ぶりの有観客開催が発表されたのは、初日の6日前の13日。近年の東京場所は発売日に即日完売が当たり前だったが、翌14日から16日まで先行販売されても完売とならず、初日2日前の17日からは一般販売された。

 初日から1階のマス席C(9500円)、2階のイス席A(8500円)、B(5500円)、C(4000円)が売れ残り。ほかの日もほぼ同様の売れ行きで、千秋楽(8月2日)もイス席Cがまだ購入可能だ。

 この不人気ぶりのヒントとなるのが、一度購入したチケットを定価で譲る「リセール」の件数。協会公式サイトには、15日間合わせて650件を超える出品があった。大相撲の観客層は高齢者が多く、先行販売で購入したものの、都内で新型コロナウイルスの感染者が増えてきたことで、敬遠するケースが相次いだとみられる。

関連ニュース