記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】巨人&阪神にダブルエールから1週間… 今度は巨人独走発言の張本氏に阪神・川藤OB会長が反論! (1/2ページ)

 異例の巨人&阪神にダブルエールから1週間。19日のTBSテレビ系「サンデーモーニング」に出演した張本勲氏は、今度は巨人独走論。その豹変ぶりに川藤阪神OB会長が異論・反論だ。球場ではコロナウイルス感染防止のために、ヤジ合戦も禁止されているファン。OB同士の場外“舌戦”でも楽しませてもらいますか。

 「やっぱり巨人ですね。今、特に頑張っているのは岡本くらいですからね。これで不調の丸と坂本が良くなったら、巨人がぶっちぎりのトップでいくんじゃないですか。若手も伸びてきたから、乗り切るんじゃないかと思います」

 確かに、張本氏の巨人独走論は現状の核心を突いている。巨人唯一のウイークポイント、V奪回を果たした昨季も5年連続負け越した広島との3連戦。しかも昨季4勝7敗1分、一昨季は2勝9敗1分と鬼門・マツダスタジアムで、9年ぶりの3タテを決めた。

 張本氏の主張に、ゲスト出演の阪神・川藤OB会長は反論。「このジャイアンツの勢いを止めるのはタイガースしかないと思います。数字を見たらわかるように、最大8個の借金がありましたね。こんなに早うからタイガースが上がってくるとは思っていなかった。プロ意識として“やられたらやり返す”というのを、如実に表したのが今のタイガース。巨人だけのセ・リーグではないです。これからジャイアンツとタイガースが絶対競っていきますから」。

関連ニュース