記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】19歳・久保建英は10年先をいっている 監督が求めることをいとも簡単に実践 (1/2ページ)

 --スペイン1部レアルマドリードからのレンタル移籍で、同マジョルカでプレーした久保建英(19)は、残念ながらチームが2部降格です

 清水「でも、あの子は19歳じゃないね。10年先をいっている」

 --と言うと?

 「30代の日本代表クラスの選手が考えるようなプレースタイルを、10代で身につけているのさ」

 --技術がですか?

 「違うね。監督が求めるサッカーをいとも簡単にやっちゃうんだよ、マジョルカにレンタル移籍当初は、“俺様”的なプレーが目立っていた。でも2月25日の第25節ベティス戦から13戦連続で先発出場したろ。これは技術以上に、監督の信頼を確実に得た証さ」

 --FC東京時代(2017-19年)には長谷川健太監督から、「守備をしなければベンチにも入れない」と叱咤された時期もありましたが

 「プロなんだから、自分が一番うまいと思うのは大いに結構。自分を使わない監督のもとじゃやりたくないと、移籍を直訴するのもかまわない」

 --でも、それで消えていった若いJリーガーをたくさん見てきました

関連ニュース