記事詳細

開幕まで1年!東京五輪「今秋にも審判」か 試金石は来年5月、東京で開催予定の「FIFA総会」 (1/3ページ)

 新型コロナウイルスの影響で延期された東京五輪が、来年7月23日の開幕まで1年を切った。17日に国際オリンピック委員会(IOC)総会で競技日程が承認され、森喜朗大会組織委員長(83)は「(五輪を)やるのか、やらないのか。それが一番重要だった。これで予定通りできる」と明言した。だが、肝心の感染症対策や数千億円にものぼるとされる追加経費などの問題は、秋以降に先送り。国内外で開催を危ぶむ声がくすぶるなか、審判が下るXデーは今秋にもやってくる。(編集委員・久保武司)

 開幕までちょうど1年前の23日、開会式会場となる国立競技場で「一年後へ。一歩進む。~+1メッセージ~ TOKYO2020」と題したセレモニーが開催され、動画が生配信された。

 白血病からの復活を目指す競泳の池江璃花子(20)が、聖火をともしたランタンを手に登場。「今から、1年後。オリンピックやパラリンピックができる世界になっていたら、どんなに素敵だろうと思います。もちろん、世の中がこんな大変な時期に、スポーツの話をすること自体、否定的な声があることもよく分かります。ただ、一方で思うのは、逆境からはい上がっていく時には、どうしても、希望の力が必要だということです。世界中のアスリートと、そのアスリートから勇気をもらっているすべての人のために。1年後の今日、この場所で希望の炎が、輝いてほしいと思います」と語った。

関連ニュース