記事詳細

大谷翔平、2年ぶり投手復帰も…1死も取れず無惨5失点KO 最速は153キロ、本来の姿にはほど遠く (1/2ページ)

 一昨年に右肘の靱帯再建手術を受けたエンゼルスの大谷翔平投手(26)が26日(日本時間27日)、敵地オークランドでのアスレチックス戦に先発。2季ぶりに投手復帰を果たしたが、1アウトも取ることができず、0/3回を投げて3安打5失点、3四球で降板した。693日ぶりの登板は、制球に苦しみ、調整が不十分であることを感じさせるわずか30球のマウンドだった。4-6で敗れ、負け投手になった。

 18年9月2日のアストロズ戦以来の登板。相手は強力打線を誇る同地区のライバルチーム。2年前のメジャー初登板で初勝利を挙げた相手だが、この日は大谷自身が本来の姿からかけ離れていた。

 1番シミエンに対し初球を93マイル(150キロ)の直球でストライクを取ったところまではよかったが、すぐに表情は厳しくなった。2球目も簡単にストライクを取りにいって中前に弾き返された。

 これで完全に大谷の調子はおかしくなった。2番ラウレアーノに粘られてフルカウントから四球。3番チャプマンも警戒しすぎて四球で無死満塁。さらに強打の4番オルソンには、この日最速となる95マイル(153キロ)の直球で勝負したが制球が定まらず、押し出し四球を与えて先制点を許した。

 首をかしげる大谷だったが、ここまでピンチを広げてしまうと収拾がつかなかった。5番キャンハにはファウル4本で粘られたあとに一、二塁間を破られて2失点。続く6番グロスマンにも右前へ打たれて計4失点。

関連ニュース