記事詳細

阿炎「夜の店」騒動の波紋 新妻に更生誓ったのに…またお騒がせ 芝田山広報部長「情状酌量の余地ない」 (1/2ページ)

 複数人との会食が明らかになり、7日目(25日)から休場している東前頭5枚目の阿炎(26)=錣山。26日になって会食先が“夜の店”だったことまで発覚し、さらに波紋が広がっている。

 新型コロナウイルス感染防止対策で力士は外出禁止が続き、場所往復の際の立ち寄りも禁止。飲み物だけは購入してもいいという、厳しいガイドラインが設けられた。ところが阿炎は、わざわざ外出先でも感染リスクが最も高い場所に出掛けたのだから、協会幹部が激怒するのも無理はない。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「会食と言われるけど、夜の接待を伴う店に行った。不特定多数を接待することによって感染することがあるということ。小池都知事が言う『夜の店』。スナックなのか、ラウンジなのか、キャバクラなのか分からないが、夜の店」と説明。「場所前と場所中と2回あった。場所前もそうだけど、場所中はまずいということで即、昨日の措置になった。情状酌量の余地はない」とバッサリ切り捨てた。

 阿炎は昨年11月にも、悪ふざけした動画をSNSに投稿し、厳重注意を受けて反省文を提出。さらに自身が原因となり、親方や力士ら全協会員に向けて開催された今年2月のSNS講習で、「寝ていたので何も聞いていない」と発言し、再び厳重注意されている。

関連ニュース