記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】勝みなみ パターのテークバックは「ヘッドを真っすぐ」「低く引く」 (1/2ページ)

 今回もパッティングのお話しをしていきましょう。

 前回、パッティングでフォローを真っすぐ出すために、テークバックをせずにヘッドを目標に向かって押し出すようにしてボールを転がす練習をしているというお話をしました。しかし、だからといって、テークバックをおろそかにしているわけではありません。

 それどころか実際のラウンドでは、ストロークの軌道を決めると言っても言いすぎではないテークバックに細心の注意を払っています。

 特にいつも気を付けているのが、ヘッドを低く滑らせるように引くことです。

 パッティングでは、「どうしても入れたい」という気持ちが強くなって、テークバックでのリズムが早くなりがちです。そうすると、ついつい手が余計な動きをしてヘッドが浮いてしまうことがあります。その結果、上からヘッドを下ろすような形になり、きちんと芯に当たらなかったり、きれいな順回転が掛からなくなってイメージ通りにボールを転がすことができなくなってしまいます。

 このようなミスを防ぐためにも、テークバックではヘッドを“ゆっくり動かす”だけでなく、“低く引く”ことも意識しているわけです。

 それともうひとつは、ヘッドを真っすぐ引くことも強く意識しています。

関連ニュース