記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】広島「真夏のストーブリーグ」の異常事態 早くも“ポスト佐々岡”論争 (1/2ページ)

 広島・佐々岡真司監督(52)の後任候補として、早くも黒田博樹、新井貴浩両氏、さらには阪神前監督の金本知憲氏といった有力OBの名前が飛び交っている。この異常事態の楽屋裏は?

 球界には「真夏のストーブリーグ」という言葉はあるが、就任1年目の監督の後任が云々されるのは極めて異例だ。

 確かに松田オーナー、佐々岡監督は原巨人からのV奪回を高らかに宣言しながら、巨人戦で7年ぶりに5連敗を喫するなど、中日と最下位を争う惨状。赤ヘルファンの怒りが爆発するのは時間の問題だ。

 そこで、誰もが興味を持つ次期監督情報で、ガス抜きという狙いもあるだろう。背景としてもうひとつ、広島OBたちの深刻な危機感も見え隠れする。というのも、現状が全く想定外の非常事態かと言えばそうでない。実はOBたちが本音では、危惧していた通りの展開になっているのだ。

 「ドラフト1位の森下(明大)は即1軍で使える。2ケタ勝つだろうし、新人王最有力は間違いない。だが、リリーフを期待して獲った外国人3人がひどすぎる。キャンプで見たが、まともにストライクが入らない。あのコントロールでは使えない。いまの野球は先発陣よりリリーフ陣が大事。勝利の方程式を確立しないと優勝できない」

 ズバリ的中だが、さらにリーグ3連覇のさなかで、チームの長期低迷まで予言したOBがいる。

関連ニュース