記事詳細

【神谷光男 スポーツ随想】出雲駅伝中止で見えた「全日本&箱根」開催の難しさ 規模の大きさがケタ違い、“同調圧力”も (1/2ページ)

 先週、出雲全日本大学選抜駅伝(島根)の中止が発表された。全日本大学駅伝(11月1日)、箱根駅伝(来年1月2-3日)と並ぶ学生3大駅伝の初戦で、中止は台風の影響で取りやめとなった2014年以来2度目だ。

 今年の箱根でタイトルを奪回した青学大の原晋監督は「学生は駅伝を走りたい一心で規則正しい生活をしているのに、残念でならない」などとコメントした。

 6区間45・1キロの出雲は、8区間106・8キロの全日本や10区間217・8キロの箱根に比べれば距離が短いスピードレース。人口約17万人の小さな市にとっては、ちょうどよい規模で市民あげての一大イベントになっている。特にレース後、市内のワイナリーで開かれる地元有志による恒例のさよならパーティーは、おいしいワインが楽しめるとあって待ちかねている選手や関係者も多い。全日本や箱根に向け、他大学のスタッフとグラスを傾けながらの情報収集に絶好の場でもあった。

 主催の出雲市によると選手、関係者の移動リスクや、感染したら重症化の恐れもある65歳以上のボランティアが多いことなど、大会に関わる人々の安全を最優先したという。「特にネックになったのは、2500人のボランティアのうち半数が高齢者であること。若いみなさんに変えることも困難。断腸の思いで中止にした」と長岡秀人市長は話した。

関連ニュース