記事詳細

阿炎「引退届」の舞台ウラ 相撲協会は激怒も…受理されるかは不明

 大相撲の東前頭5枚目、阿炎(26)=錣山=が引退する可能性が出てきた。関係者によると4日、日本相撲協会に引退届を提出しているというが、受理されるかどうかは現時点では不明。

 阿炎は新型コロナウイルス感染防止のため外出が禁止されていた7月場所前と場所中に、接待を伴う夜の店を、今場所休場していた幕下以下の力士と訪れていたことが判明。師匠の錣山親方(元関脇寺尾)が7日目から休場させた。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)が「俺らの時代は北尾(元横綱双羽黒)が新人類と呼ばれたけど超新人類だね」とあきれかえるなど、日本相撲協会執行部は激怒し、6日の理事会で処分される見通しだった。

 幕下以下の力士はすでに進退伺を申し出たとも報じられており、番付が上の阿炎だけが残るわけにはいかなくなっていた。引退の場合は次の場所の番付に載らないために、5日の番付編成会議までに、引退届を提出するのが通例。4日がタイムリミットだった。

 将来のある人気力士だけに、引退となればその衝撃は大きい。しかし、最近では、力士、行司、呼び出しなど処分の対象になった協会員の引退届が受理されていないため、阿炎の場合も同様に受理されない可能性もある。