記事詳細

【西本忠成 トラとら虎】即戦力のはずがいまや球団の恥部? ドラ1の伊藤と高山、代打要員では許されない (1/2ページ)

 阪神には2軍でくすぶるドラフト1位の外野手が2人もいる。伊藤隼太(31)、高山俊(27)の両選手。「これはある意味、阪神の恥部。本当なら今頃そろって中心打者として、バリバリやっていなきゃいけないのに…」と球団OBは歯がゆさを感じている。

 9年目の伊藤は昨年から1軍昇格がなく、ずっと2軍暮らし。高山は今季、開幕1軍入りこそ果たしたものの、14打数無安打で7月中旬2軍落ち。「伊藤など久々に名前が挙がったと思ったら、藤浪らと新型コロナウイルス感染。何をしているのか」と球団関係者も嘆く。

 2人に共通するのはプロ入りまでの華々しい球歴。伊藤は中京大中京高-慶大と進み、3、4年時には大学日本代表の4番。一方、高山は日大三高-明大と進み、通算131安打のリーグ新記録。お互いエリートコースを歩んだ東京六大学野球のスターだった。

 当然、球団は即戦力として期待をかける。しかし、伊藤は1年目から1、2軍往復の繰り返し。高山は1年目こそ打率・275をマーク。新人王を獲得したが、翌年から伸び悩み、レギュラーに定着できず、今日まで来ている。

関連ニュース