記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】真価問われる辻マジック 西武8連敗回避も…不死身の最強打線が失速

 西武は14日、今季最多の13得点で連敗を7で止めた。就任以来、2位、リーグ連覇と3年連続で結果を出し続けてきた辻発彦監督(61)。弱体投手陣を強力打線がカバーする、意表を突いた攻撃野球。4年目の今季は改めてその真価を問われている。長期政権なるかの正念場だ。

 2位の就任1年目は秋山が首位打者。球団史上10年ぶりのリーグ優勝した2年目には本塁打王・山川、打点王・浅村。リーグ連覇の昨季は首位打者・森、本塁打王・山川、打点王・中村と打撃3部門を独占までしている。

 弱体投手陣を救済するリーグ最強打線が辻西武最大の武器だった。昨季、浅村が楽天へFA移籍したが、打撃3部門を独占して1997、98年の東尾西武以来のリーグ連覇を果たしている。

 ところが不死身の最強打線は一転して今季は大苦戦。大本命のソフトバンクと万馬券並みの楽天のマッチレースの様相になり、脱落の危機に立たされている。

 監督就任以来、文句のつけようのない3シーズン。「常勝西武時代に名二塁手、攻撃面でもバントやエンドランなど細かい野球が得意だった辻監督のイメージを一新する意表を突いた攻撃野球」-が大きな曲がり角を迎えているのだ。

 ここから、さらに新たな辻マジックが飛び出すのかどうか。改めて真価が問われる。

 2008年から13年まで6年間続いた渡辺監督(現GM)並みの長期政権になるかどうかの瀬戸際と言える。(江尻良文)

関連ニュース