記事詳細

錦織圭、新型コロナ感染で全米前哨戦欠場へ 「気分はよく、症状ほぼない」 (1/2ページ)

 男子テニスの錦織圭(30)=日清食品=は16日、自身の公式アプリで新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。今月22日から出場する予定だった米ニューヨークのウエスタン・アンド・サザン・オープンは欠場することになった。

 錦織はアプリで「ハイ、エブリワン(皆さん)。今日は不運なニュースがあります。今朝、まだフロリダにいるのですが、Covid19の検査を受けて、陽性という結果になりました。今回はシンシナティ・トーナメント(ウエスタン・アンド・サザン・オープン)は棄権しなければならなくなりました」と英語で綴った。同大会は米オハイオ州シンシナティで開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で、ニューヨークの全米オープンと同じ会場のUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで開催されることになっている。

 さらに錦織はアプリで「自分と自分のチームは金曜日(21日)に再度検査を受けて、また近況を報告します。気分はよく、症状はほとんどありませんが、感染予防のために完全に隔離しています。明日ニューヨークに飛ぶ予定でしたがフロリダに滞在します」などと伝えた。

 男子のツアー大会は3月から中断しており、ウエスタン・アンド・サザン・オープンから再開し、31日から全米オープンが開催される。錦織は右肘を故障し、昨年9月の全米オープンを最後に休養していたが、ウエスタン・アンド・サザン・オープンで復帰する予定だった。全米オープンにも出場予定だが、検査の結果次第では微妙になった。