記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】「バルサ8失点でCL惨敗」は当然の結果 メッシが抜けたら「暗黒時代」がやってくる (1/2ページ)

 --欧州チャンピオンズリーグ準々決勝(14日・リスボン)で、あのバルセロナがバイエルンに2-8の大惨敗

 清水「プロ野球の野村監督じゃないけれど、サッカーだって“負けに不思議な負けはない”から。この試合はバルセロナの中盤が全くのザル。もともと守備の強いチームではないし、8点は取られ過ぎだけど当然の結果さ」

 --黄金期の中盤にはイニエスタ(現神戸)がいた

 「エースFWメッシにしたら一番、在籍していてほしかった選手さ。この試合ではメッシ自身が中盤で、イニエスタの役目までしていた。ボールを保持して、パスで崩して、ゴールまで決める。チームでこの仕事ができる選手は、もはやメッシだけになってしまった」

 --見ている方がつまらないんだから、プレーしているメッシは…

 「もっとつまらないはず。バルセロナが強かったころは、ボールも人も動くことがチームの哲学だった。これができない今のバルセロナはもう、世界のトップには立てません。メッシは主将なのに、試合中に『えっ、こんなプレーもできないの?』って顔を何度もしていた。きっとチームの結束力もゼロに近いよ」

 --来夏まで契約のあるメッシの退団もある?

 「メッシがバルセロナから出ていったら、当分は暗黒時代だね。だって代わりがいないだろ?」

関連ニュース