記事詳細

“球界の盟主”地上波離れ加速 巨人、DAZNと新たに5年契約 ネットへ重心 (1/2ページ)

 サッカーJリーグは25日、動画配信サービスのDAZN(ダゾーン)ととともに緊急の合同ウェブ会見。発表の主旨は2017-26年の10年間、総額約2100億円で結んでいた放送権契約を28年まで2年延長することだったが、思わぬ新事実まで発覚した。プロ野球界の盟主、巨人が昨季解禁したDAZNでの主催試合配信の1年契約を、5年契約に延長して結び直したというのだ。巨人戦は同じ読売グループの日本テレビ系列で放送され、全国にファンを増やしてきたが、いよいよ地上波から退場のときがやってきたようだ。

 緊急会見がアナウンスされたのは開始1時間前のこと。電撃的な発表ではあったが、Jリーグ・村井満チェアマンは「新型コロナウイルスで試合が中断した2月、3月ごろから議論を重ねてきた」と経緯を明かした。

 「コロナの影響は2年あれば戻せると考えた。だから2年の延長を申し出ました」

 26年までの10年間で総額約2100億円の契約を見直し、28年までの12年間で総額約2239億円で新たに契約を締結。総額は上積みされているが、1年単位では減額されているのがミソだ。

 コロナ禍によりJクラブは興行収入で大打撃を受けているが、配信予定だったスポーツイベントの相次ぐ中止でDAZNのダメージも計り知れない。「スポーツビジネスも大きな影響を受けたのは確か」とジェームズ・ラシュトンCEO。すでにNFLやNBAからは撤退を決めた。

 だが、Jリーグにとっては命綱のDAZNの撤退は死活問題。入ってくる契約金を年間20億円ほど減らしてでも、共闘しながらコロナ禍をしのごうというわけだ。

関連ニュース