記事詳細

【福島良一 メジャーの旅】いまだに破れない…アメリカ、人種差別の厚い壁 (1/2ページ)

 本来なら、毎年4月15日が恒例のジャッキー・ロビンソンデー。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響により、8月28日(日本時間29日)に延期された。それは彼にとって、もう一つの歴史的な日である。

 1945年、ニグロリーグ入りしたロビンソンは打率・387をマーク。黒人の機会均等を訴えていた新聞記者の計らいでレッドソックスの入団テストを受けた。だが、レ軍は人種差別を撤廃した最初のチームになるチャンスを見送った。

 一方、ドジャースのブランチ・リッキー会長はその卓越した才能や人柄に目を付け、彼のところにスカウトを派遣。担当者はロビンソンに感銘を受け、リッキーが会いたがっていると伝言。ひとまず、球団事務所に連れ出すことに成功した。

 8月28日、リッキーは初対面のロビンソンと約3時間にわたって会談。「私は長年にわたり優秀な黒人選手を探してきたが、君こそ理想の選手に違いない」と説得。彼は教養があって話術にもたけ、決して人を冒涜(ぼうとく)する言葉は使わなかった。

 しかし、大リーグに入ったらどんな目に遭うか、人種差別がはびこる世界で黒人を待ち受ける、あらん限りの仕打ちを説明しなければならなかった。彼にありったけの罵(ののし)りの言葉をぶつけ、「君はこれに黙って耐える根性はあるか?」と聞いた。

関連ニュース