記事詳細

【福島良一 メジャーの旅】いまだに破れない…アメリカ、人種差別の厚い壁 (2/2ページ)

 そして、最後に「大リーグで初の黒人選手になる方法はただ一つ。何をされても絶対に仕返ししない勇気を持つことだ」と言った。それに対し、彼は少し考えて「私も騒ぎを起こさない」と約束。それこそ、リッキーの聞きたい答えだった。

 こうして、大リーグで人種の壁を破るための苦闘が始まり、ド軍の下部組織を経て、47年4月15日に初の黒人選手としてデビュー。その後も白人選手や観客の差別と闘い続け、次第に国民の人気を勝ち取り、新たなヒーローが誕生した。

 また、63年8月28日には「ワシントン大行進」という人種差別撤廃などを求める20万人以上のデモがあり、キング牧師が有名な「私には夢がある」と演説。それなのに、いまだに人種差別問題が起こるとは悲しい。(メジャーリーグ評論家・福島良一)

関連ニュース