記事詳細

ダルビッシュ、依然「サイ・ヤング賞」最有力! 日替わり予測1位

 米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手(34)が、スポーツ局ESPNが日替わりで報じる「サイ・ヤング賞予測」で1位を防衛中だ。

 29日(日本時間30日)はレッズ戦で先発し、6回を7安打無失点、8三振2四球で6勝目(1敗)。6試合6連勝はメジャー自己ベストだ。

 この日は再三走者を許したものの、終わってみれば無失点。「併殺が欲しいときにどうやってゴロを打たせることができるのかとか、相手打者の傾向をずっと考えて、落ち着いて投げられた」と納得顔で語った。

 勝ち星はナ・リーグトップで、防御率1・47はブレーブスのマックス・フリードの1・35に次いで2位。「サイ・ヤング賞予測」でもダルビッシュ、フリードがリーグのトップ2を占めている。

 チームもナ・リーグ中地区首位を快走中だ。ただし、チーム打率はリーグ12位の・225、防御率も4・47で7位。この数字を見る限り、地区首位になる要素はない。カブスの首位は、今季の「七不思議の1つ」と言われ始めている。

関連ニュース