記事詳細

【ココリコ遠藤章造 プロ野球独り言】球児が入団時宣言した「3回優勝」で有終だ 4日から巨人4連戦は最低3勝1敗で頼む!

 このたびは私の体調不良で連載を1回休ませていただき、ご迷惑をおかけしたこと大変申し訳ありませんでした。反省すべきところはしっかりと反省し、体調も戻ったのでまた頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします!

 9月に入りペナントレースもちょうど折り返し。わが阪神タイガースは13連戦中で、ここまで2勝1敗の貯金「2」(9月3日終了時点)。正直なところ、9月に貯金があれば首位巨人への挑戦権はあると思っていたので、はっきり言って今からが勝負だと信じてます。

 やはり今年はかなり負け越している巨人に、後半戦は勝っていかなければ話になりません。ここまで2勝8敗。開幕3連敗や3試合連続零封負けの屈辱の前半戦でした。

 でも後半戦は西、青柳、高橋遥、秋山、ガルシア、藤浪とセリーグ屈指の先発投手がそろってきて、中継ぎに岩貞、岩崎、ガンケル、馬場、能見、最後にスアレス。打線も8月から調子の上がってきた近本、木浪、3番はそろそろやってくれるだろう糸井、左投手なら陽川でも面白い。4番は得点圏打率5割近いサンズで決まり、大山、ボーアは1発の期待アリ。梅野がいて、売り出し中の19歳小幡、代打ではベテラン福留も健在。

 後半は逆に8勝2敗でいって五分にして最後残り数試合、優勝を決める大一番でマウンドには入団したとき「阪神タイガースを3回優勝させます」と言った藤川球児。2回優勝しました。約束通り今年、引退の年にもう一度優勝させてくれ!

 それもこれも4日からの巨人4連戦(甲子園)にかかってますよ~。頼むから最低でも3勝1敗でいきましょう~。それまでに球児が調子を上げて、有終の美を飾ることでしょう。それが終わってから、球児にはお疲れ様と言うつもりです。まだまだ阪神タイガースは熱い試合が続くぜ!

 ■遠藤章造(えんどう・しょうぞう) 1971年7月13日、大阪府豊中市生まれ。香川・寒川高に野球留学し、主将で“くせ者”として活躍するも甲子園出場はならず。田中直樹とココリコを結成し、吉本バッタモンクラブのオーディションに合格して92年5月デビュー。

関連ニュース