記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】レベル別コースマネジメントの基本 「ティーショット」大振り厳禁、OBや池ポチャ要注意 (2/2ページ)

 バンカーショットもバンカーショットらしい打ち方はせずに、アプローチの延長と思ってアプローチと同じ打ち方をします。何しろ出ればいいのでフルスイングの大きさで、ホームランで良いです。脱出することを心掛けましょう。

 パターは以前ご紹介した距離感シートを使いながら、できるだけ傾斜を大きく読んで、2パットを目指します。ファーストパットはショートしないことを目標にしっかりと打っていきます。

 これらを実行することが100を切るために行うべきマネジメントといえるでしょう。また、おおよそ20から30ラウンド以上の経験が必要不可欠といえます。

 ラウンドと練習の間隔を詰めることが上達の近道です。頑張りましょう。

 (モデル・野田スミレプロ)

 撮影協力:ZEN GOLF RANGE 葛西店

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース