記事詳細

幕下以下力士コロナ感染で…秋場所どうなる?

 日本相撲協会は6日、幕下以下の力士1人が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。しこ名と部屋は非公表。5日に体調を崩して抗原検査を受け陽性と判明し、6日から入院している。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「感染経路などは分からない。日曜日ということもあり、本人の詳しい症状なども分からない」と説明。13日初日の秋場所(両国国技館)は1週間後に迫り、「1人で収まってくれればいいけど、場所も近づいてきているので心配。大部屋に住んでるから、部屋でどう接触していたか」と表情を曇らせた。

 幕下以下の力士は大部屋で集団生活。現時点で発熱などの症状を訴える部屋関係者はいないものの、感染者が1人出ればクラスターに発展しかねない環境にある。

 保健所が濃厚接触者の特定や検査を進め、濃厚接触者に該当しなかった部屋関係者も、協会としてPCR検査を実施する予定だ。

 これまでは部屋に感染力士が出た場合、2週間は稽古を行えず、部屋建物の消毒などを実施することになっていた。同様の措置がとられると、同部屋で感染していない力士も休場を余儀なくされることになるだけに、対応が注目される。

関連ニュース