記事詳細

【まだ飛ばし足りねぇ!!】GG後藤の第9条 試合ではあえて緊張してアドレナリンを出す! (1/2ページ)

 ドラコン大会では一球入魂でスイングしています。とはいえ、スイングスピードが突然速くなることはあり得ません。ボールに集中して芯に当てることを考えます。あとは神頼みです(笑)

 ドラコン日本大会や世界大会に出場しても、緊張はしませんでした。逆に、緊張感がないとアドレナリンが出ないので、試合ではあえて緊張するようにしています。

 緊張しやすい人はミスが怖かったり、ミスったことを考えたりするのが原因だと思います。反復練習をして自信をつけるか、ミスっても命は取られない-と良い意味で開き直るといいかもしれません。

 思うような結果(飛距離)を出せなかった時期もありました。調子が良い日がいつまでも続くわけでもありません。不振に陥ったときは気持ちを切り替え、フィジカルトレーニングに専念しています。

 いくら練習で打てても、修正ができたとしても、試合で再現できないと意味がありません。それを防ぐためにイメージトレーニングを積極的に取り入れています。ラウンドでもどのような球を打つか、コースコンディションはどうかなど、ありとあらゆることを想定してイメージングを磨く習慣を身につけることも飛ばしにはすごく大切だと思います。

関連ニュース