記事詳細

【最先端アマチュアスイング】クラブの上げた方 ガッツポーズでバックスイングは終わり

 コースで練習通りのショットを打つためにはどうすればいいか。今回は、3つめのポイントとなる「クラブの上げ方」のレッスンです。「クラブをどうやって上げていくか」ということで悩んでいるゴルファーも多いと思いますが、ゴルフの場合は前傾姿勢を取って構えているので、腕やクラブは、ある程度のところまでは何もしなくても上がるようになっています。

 問題は、“ある程度”のところからどのように収めていくかで、ポイントは2つあります。

 1つめは上げる位置。先ほども言ったように、前傾した状態でテークバックをするので、クラブも斜めに上がっていきます。それに加えて腕のタテの動きが入るので、最終的には、自然に上がる斜めのラインとクラブを真っすぐ上に上げたライン(地面に対して垂直に引いたライン)との間に上げるようにしましょう(写真〔1〕)。

 私がオススメしているのは、この間にクラブが上がり、なおかつクラブを垂直に立てるというトップですが、上げる位置に関しては個人差があるので、とりあえず2つのラインの中に入っていればOKです。

 もうひとつは、バックスイングで同〔2〕のようにガッツポーズのポジション(または、腕相撲のポジション)に持っていくこと。そして、このガッツポーズができるタイミングと体を回していくタイミングをそろえることが大切です。

 ガッツポーズのポジションとなると、皆さんが普段イメージしているトップよりもかなり浅い形になると思いますが、これがベストポジション。ここから手を使ったり、手首を曲げてさらに上に振り上げるのは無駄な動きで、それをやってしまうと軌道が狂う原因にもなります。

 もう一度言いますが、「体が回ったと同時に、ガッツポーズの体勢になる」というのが理想。そして、そこから余計なことをしないでダウンスイングに入る。

 このようなスイングができれば、コンパクトでしかも力強いスイングになるし、傾斜などの変化にも対応できるようになるはずです。

■坂本龍楠(さかもと・りゅうなん) 1981年、神奈川県生まれ。2011年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロ資格を取得。豪州仕込みの理論でレッスンを展開し、「YouTube」のレッスン動画は登録者数9万人超。悩めるゴルファーの救世主として絶大な人気を集めている。新宿御苑ゴルフスタジオ主宰。