記事詳細

自力V消滅…覇気ない阪神ベンチ 巨人との差は?“悔しさ”出せない選手多く (2/2ページ)

 前出関係者は「もっと感情をあらわにしたっていい。“喜び”に関しては去年、矢野監督がガッツポーズを率先したこともあってだいぶ浸透したけど、悔しさ、腹立たしさ、粘りをプレー中だけでなく、ベンチにいても出さないと。巨人ベンチを見ていると、妙な緊張感を持ちながらもしっかり喜び、悔しがってますよ。そこが一番の差だと思う」と訴えた。

 チャンスでのひ弱さをベンチワークでなんとか打開しようと、矢野監督は2点を追う7回無死一、二塁で、梅野にバスターエンドランのサインを出したが空振り。二走の小幡が三塁タッチアウトで、絶好機を逃した。

 矢野監督は、勝ちきれなかったことは「俺が受け止める。(チーム全体の)成長がもっと必要」と話したが、これで今季対戦は3勝11敗。開幕3連戦3連敗に始まり、巨人を走らせた要因をつくった責任は大きい。 (山戸英州)

関連ニュース