記事詳細

【小西綾子のゴルフLIVE byスカイA】ニューヒロイン誕生の予感!? 田辺ひかりプロ

 「ちゃんと戦えました。楽しかった!」

 最終日のプレーを終え、18番グリーン横で待つ「師匠」佐伯三貴プロのもとに笑顔で駆け寄ったのはプロ5年目の田辺ひかりプロ(22)。先週のメジャー大会「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」(岡山県)で初めての最終日最終組を経験。優勝には届かなかったものの、自己最高位の2位タイで大会を終えました!

 昨年まではステップ・アップ・ツアーが主戦場。幾度となく優勝争いに食い込むものの、優勝をつかむことはできず、「うまくいかないなぁ」というがっかりした表情が目立った田辺プロ。今年からは同じ広島県出身の佐伯三貴プロに師事し、試合に出るたびに自分の成長を実感しながら迎えたメジャー大会だったのだとか。そして今回、インターネット中継で解説を務めた1人が佐伯三貴プロでした!

 初めての最終日最終組。しかもメジャー!! 緊張はしなかったという田辺プロですが、師匠の佐伯プロはというと…。

 「解説をしながらも3番でバーディーという速報をみたときは涙が出そうでした。初めての最終日最終組ですよ。そんななかバーディー先行ですもん。これでもう今日大たたきすることはないなって安心しました」

 決戦の日をドキドキして迎えていたのは、どうやら師匠の方だったのかもしれません(笑)。

 さて、メジャー4日間のプレーを終えて。

 「最高に楽しかったです! 4日間アンダーでラウンドできたこと、最終組でも楽しく自分のプレーができたこと。本当に自信になりました。もちろんまだ課題だらけですが、優勝できるって自分で思えたことが1番うれしいです!」

 そして師匠から。

 「今週、たくさんの人に顔も覚えてもらったはず。やっとスタートラインに立てたね。おめでとう。ここからだよ!」

 ■小西綾子(こにし・あやこ) 2012年からスカイAゴルフ中継のLPGAステップ・アップ・ツアー中継のレポーターに。現在はレギュラーツアー、レジェンズツアーなども担当。実況、レポーターを務める。

 ■『スカイAゴルフLIVE』は、LPGAステップ・アップ・ツアー全大会独占配信やレッスン番組などゴルフコンテンツが楽しめる動画配信サイトです!(月額1000円など)

関連ニュース