記事詳細

ツインズ・前田健太、5回8Kも6勝目ならず

 ツインズの前田健太投手(32)は17日(日本時間18日)、敵地でのホワイトソックス戦に先発。5回を5安打2失点、8三振。勝利投手の権利を得て降板したが、救援投手が逆転されて今季6勝目と日米通算150勝はお預けとなった。試合は3-4で敗れた。防御率は2・52。

 1回は3番アブレイユを遊ゴロ併殺に打ち取り、2回以降はスライダーを中心に毎回三振を奪った。1-0とリードした4回にアブレイユに中越え同点ソロ、2-1とリードした5回にも5番エンカナシオンに左越え同点ソロを浴びたが、連打は許さなかった。

 6回に再びチームが勝ち越し、前田は勝利投手の権利を得たが、救援が踏ん張れなかった。球数は86。「(2被本塁打は)両方ともスライダーが曲がらなかった。状態もコントロールも良くない中、2本だけだったので何とか粘れたかなという感じ」と前田。

関連ニュース