記事詳細

【プロキャディーXのつぶやき】師匠の怒り爆発「米ツアー開幕戦になぜ松山がいないんだ!!」 (1/2ページ)

 プロテニスの大坂なおみの全米オープン2度目制覇に感動した。勇気と元気をもらった。1セット目を落としての逆転優勝は26年ぶりとのこと。すごい。その一語だな。

 この流れに乗って今週のゴルフ全米オープンも日本人選手優勝とならないものか。

 そう思っていたら、師匠から珍しく電話が掛かってきた。

 「おい、どうして松山英樹は(米ツアー開幕戦に)出場していないんだ!」。電話に出るなり、そう問いただされた。相変わらずの気短さだ。「じっくり調整して全米オープンに臨みたいからだと思います」。とっさに思い浮かんだことを伝えた。それがまずかった。

 「バカ野郎! 練習の100球よりも試合での1球の方がどれだけ重いか分かっているだろ。実力の上積みには試合が一番なんだよ」。どうやら師匠の怒りの火に油を注ぐ返答をしてしまったようだった。

 連戦することで試合勘は研ぎ澄まされる。ツアー連戦の中の一試合がメジャー大会という考え方をするなら、普段通りのプレーができるはずだ。メジャー大会に照準を絞った調整は、自らプレッシャーを掛けてしまうだけだという。

 「年間1勝以上を毎年挙げたいなら、ガムシャラに試合出場を続けるしかない。今度、松山に会ったら、そう言ってやれ、分かったか」。師匠の強引さも相変わらずだ。俺が松山に会うはずもないのに…。

関連ニュース