記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】秋吉翔太 時には“ひらめき”を信じて打ってみては? 「迷い」なくなりメンタル的にラク (2/2ページ)

 性格的な問題もあるので、すべてのゴルファーが僕のやり方で成功するとは思いませんが、少なくとも自分がどういう基準で判断をするかということぐらいは決めておいたほうがいいかもしれません。そしてたとえそれがミスにつながったとしても、自分の判断ミスということで潔く諦めることが大事です。

 その方が、発想が豊かになって選択肢が増え、ゴルフの楽しさもより深く味わえるというものです。スコアも伸びていくと思いますよ。

 ■秋吉翔太(あきよし・しょうた) 1990年生まれ、熊本県出身。10歳からゴルフを始め、2008年の「国体少年男子個人」では松山英樹らを抑えて優勝。高校卒業と同時にプロの世界に飛び込んだ。ツアー初戦となった11年の「日本オープン」では初日2位発進して話題に。17年に初シード獲得。翌18年は「ミズノオープン」で初優勝。さらに「ダンロップ・スリクソン福島オープン」でも優勝を飾るなど大ブレークし、賞金ランクも14位に。19年は優勝こそなかったが賞金ランク26位で3年連続シード入りを果たした。

 ■ゴルフネットワーク『ゴルフ真剣勝負 the MATCH』は、プロ同士の直接対決をお届けしています。9月は、小田孔明をグループ長に集まった九州の男子プロ“チーム孔明”の面々がガチバトルを展開します。先輩の意地、後輩の打倒意欲のぶつかり合いです。さて、どちらに軍配が上がるのか。視聴問い合わせ(電)0120・562・034

関連ニュース