記事詳細

【最先端アマチュアスイング】失敗しないバンカーショット 両ヒザを深く曲げて構える (1/2ページ)

 アマチュアゴルファーの中で、バンカーショットが得意という人はあまりいないのではないでしょうか。

 基本的にバンカーから打つ機会が少なく、バンカーショットそのものに慣れていないというところから苦手意識が生まれているのだと思いますが、「バンカー=ハザード」という思い込みがミスの原因になっている人もいるようです。

 実際、普通のショットと比べ、少し厄介なところはあります。しかし、ポイントさえ押えておけば、よほどアゴが高くない限り、“脱出不可能”にはなりません。成功率を上げるためにも、ポイントをしっかり押えておきましょう。

 さて、そのポイントですが、最も大事なのはアドレスです。

 これはすべてのショットに言えることですが、どう構えるかによってどんなショットになるかがほぼ決まります。なので、バンカーではバンカーショット用の構えをすることを心掛けてください。

 第1のポイントは通常の構え(写真〔1〕)に比べて両ヒザを深く曲げる(同〔2〕)ことです。

 写真を見ると少し大げさのように見えますが、これで正解。バンカーではボールを直接打つのではなく、ボールの下にヘッドを入れなければいけないので、その分、ヘッドを低い位置に届かさなければいけません。そのために、両ヒザをしっかり曲げておくことが重要になるのです。

関連ニュース