記事詳細

球界初のクラスター…阪神球団内からも“厳罰処分”の声 福留筆頭に8人で集団会食 (2/2ページ)

 チーム関係者からは「うちは次、絶対に感染者を出しちゃいけないのに最悪の事態だよ。しかも、ドメさん(福留)を筆頭にチーム内外に多大な迷惑をかけたのはイメージがあまりにも悪すぎる。球団は、当該選手らに対してしっかりとした厳正な処分が下ることを強く望む」との声が上がった。

 ヤクルトの球団幹部からも「また“球界初”の汚点を残した。はっきり言って対応が甘いよ。25日のヤクルト戦実施の打ち合わせや、夕刻に発表された追加感染者情報の開示も遅すぎる。すべて後手に回っているのが丸見えだ!」と厳しい意見があった。

 試合後、オンラインで取材に応じた谷本球団副社長は「クラスターという話は保健所からは出てきていないが非常に由々しい事態。私のミスジャッジだったと思う」と詫びた。感染者が多い首都圏遠征中の外食は一切禁止していたものの、名古屋と広島で認めた「息抜きの場」が感染の温床になってしまったことで「会食自体を見直す必要はあると思います」と話したが完全に後の祭りだ。

 この日、阪神はNPBが認めている「特例2020」を活用。1、2軍を計19人緊急に入れ替える対応をしたが肝心の試合は逆転負け。この体たらくでは、奇跡の逆転優勝に望みをかけて懸命に応援を続けている虎党から見放されても文句は言えない。

関連ニュース