記事詳細

【神谷光男 スポーツ随想】基礎おろそか、休場力士が続出…相撲界は危機感を持て! (1/2ページ)

 いやはや、ひどい場所だった。27日に終わった大相撲秋場所。白鵬、鶴竜の両横綱が初日から休場して興がそがれたうえ、休場力士が続出して何の盛り上がりもないまま終わってしまった。

 複数いる横綱が初日から休場したのは昭和58年夏場所(千代の富士、北の湖)以来、37年ぶりだった。しかし、この場所は隆の里、琴風、朝潮、若島津と力のある4大関が揃って好調で、朝潮以外は最後まで優勝争いに絡んだ。その間隙を縫って14勝1敗で関脇北天佑が初優勝と、横綱不在を補って余りある面白い場所だった。

 それにひきかえ今場所は、大関朝乃山が初日から3連敗して余計、白けてしまった。序二段から奇跡の復活をとげた東前頭筆頭の元大関照ノ富士も、11日目で3敗と優勝圏内にいながら、古傷の膝の故障で13日目から休場。十両以上の休場は13人。野球賭博関与の謹慎を含め14人が休んだ平成22年名古屋場所以来の多さになってしまった。

 通常は前後半で10番ずつ計20番の幕内取組が18番に減ったうえ、千代大龍、照ノ富士が休場した13日目などは16番しかなった。これで1マス1人、A席で平日1万2000円。そのうえ、大声も出せない、酒も飲めないでは“ぼったくり”といわれても仕方ない。

 コロナ禍で出稽古が禁止されており、部屋にほかに関取がいない朝乃山などは幕下以下の若い衆との稽古しかできない。関取が5人以上いる追手風、木瀬、九重、佐渡ケ嶽といった部屋と比べ、不公平感は否めない。

関連ニュース