記事詳細

【清水満 SPORTS BAR】武豊は9度目の凱旋門賞挑戦 思い出す“名騎手”ペリエのプロ意識 (1/2ページ)

 彼岸が過ぎ、すっかり秋らしくなった。スポーツ界も大リーグではポストシーズンが始まった。日本でもプロ野球は終盤戦を迎える。

 競馬界も熱い。10月第1週の日曜日(4日)には「スプリンターズS」で秋のGIシリーズも始まる。同日には世界最高峰「凱旋門賞」(仏ロンシャン競馬場)がある。武豊がアイルランド調教馬ジャパン(牡4歳)に騎乗する。武にとっては3年連続、9度目の凱旋門賞である。

 過去、武の最高位は2001年、仏調教馬サガシティでの3位。調べたら、今回騎乗のジャパンの母シャースティエはサガシティの妹という血縁。つまり甥である。ブラッドスポーツの競馬、こんな因縁が爆発する!?

 秋のパリ…。思い出がある。1996年から3年連続で凱旋門賞を見に行った。まだバブル景気の名残があった。会社の事業企画でツアーを募った。多くのファンが集まっての引率業務である。欧州の競馬場はドレスコードがあり、おしゃれな紳士淑女が集っていた。日本のように馬券を握っての殺伐さ(!?)はそこになかった。

 2006年は武豊騎乗のディープインパクトが参戦した。網膜に焼き付けたくて自腹で行った。日本からのファンが大挙押しかけ、現地でひんしゅくも買った。今となっては良き思い出である。

関連ニュース