記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】小田孔明 歩測をすればパッティングがうまくなる (1/2ページ)

 ラウンド前のパッティンググリーンでは、自分の球がきちんと順目で転がっているかどうかを確認するという話をしましたが、それと同時に、グリーンの状態をしっかり確かめておくことも大事です。

 その日のグリーンで、1メートルや2メートルがどのように転がるか。スタート前にはそれを確かめて、自分の距離感と合わせておく必要があります。

 それと、アマチュアゴルファーにぜひともオススメしたいのが、“歩測”です。

 トーナメントなどではほとんどのプレーヤーが正確な距離を把握するために歩測をしています。なぜ、あれだけ歩測にこだわるかというと、その日のグリーンの距離感が歩測とともに刻まれているからです。

 たとえば、「10歩を転がすためには、この距離感で打てばいい」ということを、あらかじめパッティンググリーンでチェックしているので、実際のグリーンでも、大きく距離感を間違えずにすむのです。

 具体的な方法としては、まずパッティンググリーンで平らなところを探し、そこで5歩、10歩、15歩などを歩測して、それぞれの距離を何球かずつ打ち、「平らな5歩」と「平らな10歩」の距離感をしっかり体に覚え込ませます(写真〔1〕〔2〕〔3〕)。

 そして実際のラウンドでは、グリーンに上がったら面倒くさがらずに歩測を行い、パッティンググリーンでの距離感を思い出して距離を合わせてください。

 本番では当然のことながら上っていたり下っていたり、スライスラインやフックラインが出てきますが、それはストレートラインの距離感をもとに調整します。

関連ニュース